全日本少年少女武道錬成大会出場、入賞まであと一歩!

本日、日本武道館で「平成30年度全日本少年少女武道錬成大会」が開催されました。2日間開催されるこの大会、初日の今日は全国から490チームが出場、熱戦が繰り広げられました。
試合はハラハラドキドキの連続で、監督を務めてくれた岩本先生の下、選手たちはまさしく力を合わせて奮闘していました。
8年ぶりの入賞には一歩届きませんでしたが、コートベスト4、剣士たち自身は「やればできる!」と肌で感じ、今日の結果をこのままにせず、次へのステップにしてくれる、そんな表情で終わることができました。
結果は次のとおりです。

*1回戦シード、2回戦から登場(2回戦までは切り返し・打ち込みの判定+一本勝負)
・2回戦(対 群馬・みやぎ少年剣道教室)4(9)-(10)5 錬心館 (トータル勝ち数・本数)
・3回戦(対 山梨・山城剣友会)1(1)-(4)2 錬心館
・4回戦(対 千葉・高神剣道教室A)4(4)-(1)1 錬心館