まん延防止重点措置期間中の稽古について

足柄錬心館の稽古は、南足柄市における感染拡大防止に向けた基本方針にある「公共施設の利用について」ならびに各施設におけるガイドラインと、全日本剣道連盟「対人稽古に関する感染予防ガイドライン」を引き続き遵守し、それに加え、次の「錬心館独自の感染予防対策」を施してます。
また、1月21日からのまん延防止重点措置期間においては、次のとおり稽古時間を区分し、ウイルス等を「持ち込まない」「拡げない」「持ち帰らない」を徹底してまいります。

◇錬心館独自の感染予防対策
・稽古場入場前の石けんによる手洗いの徹底
・始礼、終礼とも、立礼での実施
・座る箇所、防具を置く個所にひとりひとりシートを敷き、相互の間隔を十分に開ける。
・稽古終了後、道場を出る前に石けんによる手洗いの徹底

◇まん延防止重点措置期間における稽古時間割
・小学生…PM6:45(木曜稽古はPM7:00)~PM8:10
・中学生…PM7:50~PM8:50
※準備・撤収において小中学生は交わらないように配置する。

なお、地域・学校における感染症拡大状況や、施設利用の方針変更等により稽古が休止となる場合があります。